ブログトップ

パトローネの中

35mmフィルムで綴る写真ブログ


by kirin
プロフィールを見る
画像一覧

まどろみ

c0353030_09345902.jpg








写真を趣味にするようになってから、ずっと通い続けている写真教室の生徒作品展が先週までありました。
自家現像と同時に始めた暗室作業、この半年の取り組みと成果として展示出来たので満足*^^*

昨日は、アンセル・アダムス展の最終日。近くに訪れるついでにふらりと立ち寄った展示でしたが、1点目からその芸術品ともいえる美しいプリントに胸の高鳴りを感じました。アンセル・アダムスは、「ネガは楽譜であり、プリントは演奏である」との格言を残したことで有名らしいのですが、その言葉の通り、プリントで表現する奥深さにも感銘を受けました。ま、演奏するまでに技術が到達するのかも謎ですが、そんな事を考えながら写真と向き合うのは楽しそう。
来年は、じっくりプリントに取り組もう!そう誓うのでした。
偶然とも思えるタイミングで出会った展示でしたが、素晴らしい出会いに恵まれた事にも感謝です。
[PR]
Commented by hasseleica at 2017-12-07 12:42
行かれたんですね!私が行った時はドキュメンタリー映画を見た後にキュレーターの方々が作品を説明してくださいましたので、2時間近く長居してしまいましたが、これだけの作品を無料で観れる機会はまずない、今年最高の写真展でした。

プリントの奥深さをしみじみ感じた次第です(*^^*)
Commented by li_se at 2017-12-07 18:41
こもれびでしょうか。まさに奏でるような光が美しいですね。
アンセル・アダムス・・見逃しました。
あそこは時々、とっても良い展示に出逢えます。
Commented by kirin_1117 at 2017-12-07 20:51
> hasseleicaさん
それを目的に足を運ぶべき場所でした。
通りすがりのついでに寄ったもので、慌ただしく観る事になってしまった事が悔やまれます。ですが、未練がましく3周もしてしまいました*^^*
たしかに。最高と言えるものだったと感じます^^
Commented by kirin_1117 at 2017-12-07 20:55
> li_seさん
京都国立近代美術館所蔵のものらしいですね。京都へ行くといつでも観ることが出来るのか分かりませんが、京都に出向く機会があれば是非足を運びたいと思いました。
フジフィルムスクエアは、通りすがりに寄る事はありますが、これからはマメに展示のチェックをするべきですね。
Commented by lily1406 at 2017-12-07 21:28
わ〜この写真も素敵ですね〜。
そこにいるかのように目を細めてしまいました。

アンセル・アダムスのプリントに私も感動しました。
来年は自分で現像できるように頑張りたいと思っているのでよろしくお願いしまーす(^o^)/
Commented by kirin_1117 at 2017-12-07 21:44
> lily1406さん
そーなんですよね。というのも、たった今、tomoさんのところで行ってたんだ~って拝読させて頂いたばかりです。
私は、展示情報無く、SNSでもうすぐ終了の案内を見て、ちょうど近くまで行くし、ゼラチン・シルバープリントの文字に魅かれてフラリの来場でした。ですが、フラリと立ち寄るべき場所ではなかった!あそこへは、心して足を運ぶべき場所でありました…
私も美しいプリントに、初見から胸がどきどきしました!

来年のその件は、是非ともお任せ下さい!*^^*b
Commented by mon21mon at 2017-12-08 06:31
kirinさん
こんにちは。アダムスの展示、見られたのですね。
土曜日に行きました。もう、何が何だか分からないくらい凄かったですね。
お月さんと山陰なんて光度差が、どうすれば一枚のプリントの表現出来るのか?
そして、いつも思う事ですが、暗室だと怖くて黒を出しきれない自分のプリントを思い、また焼くぞーと思って帰りました。
Commented by pote-sala at 2017-12-08 07:52
ほたほた・・・っと
零れ落ちたような光の雫。
揺れる光を目で追っていると、グラスの氷がカランと
音を立てて・・。
ついつい時間を忘れてしまいますね。
Commented by kirin_1117 at 2017-12-08 10:56
> mon21monさん
もうですね。技術的なことなんかはまるで考えなしで、1級の芸術品を目の前にうっとりしかできませんでした。
それでも、プリント頑張るぞーって気持ちにはなりました*^^*
年末に良い刺激とエネルギーを頂いたようです。
Commented by kirin_1117 at 2017-12-08 10:58
> pote-salaさん
ぼんやりとただ光りの美しさにまったりとした時間。
もちろん、カメラを向けるのは忘れません。もうこれはサガ…^^;
展示作品だったので、タイトルが必要ですが、ぱっとこのタイトルが浮かびました。
Commented by cloudgallery at 2017-12-18 19:15
この写真好きです!そして暗室作業頑張ってくださいね。アンセルアダムスのゾーンシステムで撮影された作品は、プリントまでも撮影時点で決めてしまうものですね。あの時代だからこそ考えた究極のシステムです。
Commented by kirin_1117 at 2017-12-21 08:45
> cloudgalleryさん
ありがとうございます。そう言って頂けてもっとガンバロウって思えます*^^*
アンセルアダムスの展示を観て、ネガフィルムって大事だなぁって思いました。とても美しかったです。
by kirin_1117 | 2017-12-07 10:26 | film | Comments(12)